四十路の俺がアイメイク(アイシャドウ)で想うことと工夫して掛かるところ

アイメイクは滅法楽しいなと思います。別にアイシャドウは、いかなる色調を使うかで目のあたりの風情が大きく移り変わるので、その日のボルテージや衣料などにあわせて色調を選んだりできるのがいいだ。今までアイシャドウは色んな色調を使ってきましたが、目下は丸裸カラーにはまっています。こういう年代(四十路)になると、さほどケバイ色調は普段使いには向かないかなと思うので、上品に見える丸裸カラーを使うことで、断じてメーキャップしてる!っていう感じはなく、でも綺麗に見せたいなと思っています。とにかく涙手提げにギンギンすぎない落ち着いたシャンパンベージュを使うことで、目のあたりがすっと明るくなって可愛く(あくまでも個々率)当てはまるので、涙手提げメーキャップは欠かせません。また、同系色調でグラデーションにするのも勿論艶ですが、まったく違う色調を何色調かあわせて、それが意外にマッチしたときも嬉しくなります。アイメイクはちゃんと奥が深いなと常々思っています。ピュアアンドシルクについて検証されたサイト

四十路の俺がアイメイク(アイシャドウ)で想うことと工夫して掛かるところ